2012年03月26日

未来のカメラ?LYTRO

最近,一部で話題を呼んでいる未来のカメラ?LYTROを入手しました.

lytro1.jpg


このカメラ,なにが「未来」なのか?それは,写真を撮った後から何度でも「ピントの合わせ直し」が出来るからです.まずは以下の写真で好きなところをクリックしてみてください.





クリックしたところにピントが合い,それより手前や奥がぼかされます.これまでのカメラでは,レンズの働きで光を集めて2次元の画像にしているため,ピント合わせには実際のレンズの調整が必要でした.それに対しこのカメラでは,カメラへやってきた光線を「バラバラのまま」で記録し,後からレンズの働きを計算機シミュレーションすることで画像を作っています.

・・というような原理はともかくとして,このカメラ,前から興味を持っていました.LYTROというベンチャー企業(と,その前身の Refocus Imaging 社)が立ち上げられた頃,いやその前に,創業者がスタンフォード大学で研究を行っていた頃からウォッチしていました.というのも,私自身の研究分野に近いからで,技術として興味はあっても,実は自分自身の写真撮影に使おうという考えはほとんどなかったのですが..いよいよ世の中に出回りだしてみると,やはりその面白さというか,目新しさに惹かれました.もちろん「初もの」らしく未完成な部分や従来のカメラに劣るところもあるのですが,ある意味で従来のカメラとは「全く別物」なので,比べるのは野暮というものでしょう.

さて,このカメラ.昨年秋に実機の概要が発表され,今月頭から出荷が開始されていましたが,発送先は米国内のみで,日本からは簡単には買うことが出来ません.そこで私は,昔からクラシックカメラ収集で使っている ebay で購入しました.出荷開始直後は高騰していましたが,今はある程度の数が出回ったようで,値段的にも落ち着いてきています.

このカメラは発売前から注目を集めていたということもあり,既にあちこちでレビュー記事が出ています.デジタルガジェット分野で人気の高い engadget や,カメラ評価専門の dpreviewで詳しく紹介されていますし,日本語記事もこちらにあります.なので詳しくはそちらを御覧ください.

パッケージは,最初の写真にあるとおり,どこかで見たような..そう,iPhone など Apple 製品にそっくりです.各面に原寸大の写真が使われているところや,真っ白な箱の中身がディスプレイケースのようになっていて,その下に必要最小限の説明書とケーブルしかないところなど..この "Appleかぶれ" は徹底していて,このカメラを使うのに必須のパソコン側のソフトも Mac にしか対応していません(将来,Windows 用が出るそうです).

lytro2.jpg


製品そのものも,Apple を参考にしているようです.特にカラーアルマイト加工されたアルミ外装部分は,iPod mini などのちょっと古い iPod の感じに似ています.正方形のディスプレイは大きさが現行 iPod nano とほぼ同じですが,部品は違うようで,iPod nano より画面が荒いのがちょっと残念...ですが,Apple (の iPhone)よりも良いのは,ちゃんとストラップが取り付けられるところでしょうか.手前のグレーの部分は滑りにくく,よい質感で,電源スイッチ(下面)とシャッターボタン(ちょっと窪んでいるので手探りで場所がわかる)は実際に押し込んだときのクリック感もあります.

操作はほとんど「シャッターを押すだけ」で,あとはタッチ式のズームがあるぐらい.電源スイッチを押さなくても,シャッターボタンを押すと電源が入り,1秒ぐらいですぐに撮影ができます.意外とサクサク,1〜2秒間隔ぐらいで写真を次々と撮ることも出来ます.撮影モードは普段使い用と,クリエイティブモードの2つがあり,下のようなマクロ写真はクリエイティブモードで撮ることが出来ます.




被写体から離れて広角で撮ると,ピント合わせをするまでもなくほとんど全部の物体にピントが合うので,このようなマクロ写真のほうが面白そうです.これから春になり,花の季節になると楽しいでしょう.肝心の画質は,何百万画素もあるデジタルカメラよりはずっと劣り,ピントを合わせ直した結果画像も 1080x1080画素に過ぎません.ですが,ブログや facebook に貼り付けるには十二分です.ピントの合わせ直しの操作を楽しむものなので,結局はパソコンの画面で見る方がよく,その点では LYTRO のウェブサイトで写真を公開するサービスが既に整っているのもよいところです.

LYTRO 創業者の Ren Ng さんは,自前でカメラを作ることを決断する前には,日本国内の多くのカメラメーカを行脚したという噂も聞きます.どこか日本のメーカが飛び道具的に出してくれていても面白かったかも..と思ったりしますが,ベンチャーだからこそのとんがった部分や割り切りが好ましいのも確か.「コンピュテーショナルフォトグラフィ」と呼ばれる最新技術がいよいよ市場に,という感慨もありますが,一方で画質ばかりを追い求めた従来の写真に対し,web 志向のこのカメラは,SNS 時代の寵児でもあるでしょう.行き着いた感のあるカメラの世界がさらにこれでまた一歩先に進む,という期待を持たせてくれるカメラです.
posted by しんさく at 19:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 電子モノ

2011年12月07日

明るい一人暮らしのために

仕事を終えて自分の家へ帰ります.玄関を開ける.真っ暗な部屋.ああ,こんな時,・・・ちょっと待った!早まってはいけない,ここは科学技術の力を借りて解決です.ということで,今日は人感センサ付きLED電球 ECOLUX をご紹介.

最近はLED電球が急速に普及してきました.ちょっと前だと電球型の照明器具は,電気代はかかるし,色は黄色っぽいのしかないし,熱くなるし..で,蛍光灯のほうがなにかと実用性が高かったのですが,その後電球型の蛍光灯が現れ,さらにLED電球が登場してきて,すっかりその手の照明器具が復活を果たしています.かえって時々交換の必要があり,ピカピカしながらようやく点灯する棒型や環状の蛍光灯がうっとうしく感じるぐらい.電球を使うタイプのデスクスタンドも,熱いし暗いしであまり使っていなかったのが,ハイパワータイプで昼光色のLED電球を入れて再び活用をしています.

DSCF5055.jpg


そして,先日電器店で見かけてから密かに狙っていたのがこの「人感センサ付きLED電球」です.よく屋外の防犯灯などに使われている,人体の熱を感知して光る電灯がありますが,それと同じように人がいる時だけ光る電球です.従来は,この種の機能は照明器具に備わっていたのですが,この電球を使うと,ただの「ON・OFFするだけ」の照明器具がセンサ付きに早変わりというわけです.普通のLED電球よりは高いですが,以前にエコポイントで入手していた商品券で買ってきました.

DSCF5059.jpg


僕が今住んでいるところは,角部屋なので2面に窓がありますが,玄関は浴室やトイレ,キッチンスペースを通った先にあるので,ロフトの下から測るとドアまで4mほどあります.そのため他よりは薄暗く,また部屋のカーテンはほぼ常時閉めきっているためにいつも薄暗いのです.まあ第一,帰るときは夜ですしね.しかし,うっかり時々玄関の電灯を付けたまま出かけてしまう時があるので,なるだけここの照明は付けずに過ごしていました.しかしこの電灯をつけることでぐっと便利に.この電球,人に反応して自動で点灯するだけでなく,人が離れてからもしばらくは点灯を続け,5分後にゆるやかに消灯するようになっています.また明るいところでは常時消灯になるということで,エコの面からも,便利さの面からも言うことありません.そもそも,点灯時の消費電力もたったの4.7Wですしね.

ということで,さらに買い足して他にも付けたくなりました.他に便利そうなのはトイレかなあ.あと,職場のトイレやエレベータホールも節電でいつも薄暗いので,いっそのこと全部この電球にかえてくれたらなあと思ったりしています.

以上クリスマスを前にイルミネーションの話題でした.
posted by しんさく at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子モノ

2011年11月25日

電子書籍端末その2

先日こちらで,amazon の新しい電子書籍端末,kindle 4 を紹介しました.それからいくらも経っていないのですが,良く似たものをまた買ってしまいました..kindle のライバルと目される,本日発売の Sony Reader PRS-G1 です.

ebook.jpg


見ての通り,大きさも画面の雰囲気もほとんど同じです.それもそのはず,画面の部分はまったく同じ E Ink 社の Pearl という電子ペーパを採用しており違いようがありません.大きさ重さもほとんど同じですので,以下で簡単に比較してみました.


kindle 4PRS-G1
質量170g185g
厚み8.7mm9.4mm
容量2GB2GB
タッチ操作×
無線LAN
3G×
日本語入力×
メモリスロット×
国語辞典×
英和辞典×
値段9,806円25,800円



・・ということで,本を読む,ということに関してはあまり差がありませんが,付随する機能が大きく違います.一番使い勝手に関係するのがタッチ操作で,これは単に本を1ページずつ読み進めるときにはほとんど必要がないものですが,文字の入力やウェブブラウザを使うときのリンクのクリックなどで比べものにならない差があります.kindle では基本的に,初期設定など限られた場面で文字操作をするだけで,あとは使う気になりません.その点 Sony Reader では,タッチ操作で文字が入れられる上に日本語変換も搭載されていますので,いざとなると次の写真のように,gmailなどからのメールの返信も可能です.

g1-1.jpg


そして,そのウェブブラウザを使うときに効いてくるのが3G通信です.この Sony Reader では,au の回線を使って通信する機能があります(これが省かれた PRS-T1 という機種もあります).実はこれがポイントで,この機種では,オンライン電子書籍ストアにアクセスする極めて安価な契約の他に,月額 580円でどのようなサイトにもつなぎ放題の契約が可能です.普通,iPad や android のタブレットでは,3Gでのつなぎ放題を契約すると月に数千円はかかるのですが,なんと580円.なぜこんなに安いのかというと,この端末,電子ペーパを採用しているためにカラー表示や動画の表示ができません.よって,通信帯域を圧迫していると言われる YouTube などの動画サイトを見ることが出来ず,基本的にテキストと静止画のサイトを見ることになります.これらは動画に比べはるかに通信データ量が小さく,そのために安価な設定が可能になっているものと思われます.

g1-2.jpg


画面が書き換わるときには画面の白黒反転が起こり,これがウェブ閲覧の時には頻繁に起こるので,どんどんページを読み進めるのは快適ではありません.しかしスマートフォンより画面が大きく,文字が見やすいのも確かです.出先でメールチェックし,たまに短い返信をするにはかなり良い端末のように思われます.kindle 4 にもウェブブラウザは搭載されていますが,前述のように日本語入力が出来ませんし,リンクのクリックにも十字キーでまどろっこしく選択をする必要がありますからほとんど実用的ではありません.その点,Sony Reader のタッチセンサはマルチタッチに対応していて,ウェブ画面のタッチ操作でのスクロールや,二本指操作で画面の拡大縮小も可能です.しかもこのときは,画面が荒くなりますが非常に素早くタッチ操作に追従し,「電子ペーパってこんなに速い表示もできたのか」と,ちょっと驚かされるものがあります.

その他にも多くの違いがあり,microSD カードでお手軽に容量が増やせることや,国語辞典・英和辞典が搭載されていてちょっとした電子辞書のかわりになること,手書きメモ機能が結構使いものになること,さらに日本語の新刊が電子書籍ストアで既に発売されていることなどの違いもあります.pdf ファイルの表示では,学術論文のような横書き二段組を読みやすくする機能や,余白を自動的に判定して切る機能などもあり,全体に快適感が違います.・・ということで,この Sony Reader,かなり良いのですが,問題は値段.kindle は広告が画面に出ないモデル(日本から直接買えるのはこれだけ)で109ドル,日本までの送料込みでも1万円以下で購入できます(上野表の値段は10月に購入したときの実際の支払総額です).それに対して Sony Reader は2倍〜2倍半.ちょっと,いや,かなり躊躇する差ですが,結局ほとんど同じ重さで,これだけの機能の違い,そしてやはり,3G通信が580円で使い放題・・・という魅力に負けてしまいました.さて kindle の運命やいかに.
posted by しんさく at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子モノ