2018年11月17日

通勤・出張のかばん

平日は常にパソコンを持ち歩いている自分にとってかばんは重要です.ひところよりも小さく軽くなったとはいえ,やはり平たくてかさばるし,衝撃からの保護も必要です.またACアダプターやプレゼン用の小物を始めとして,いろいろな電子機器も持ち歩いています.さらに,出張時に荷物を詰め替えるのは面倒だし忘れ物をしがちなので,通勤でも,単身赴任先からの帰省でも,出張でも基本的に同じかばんにしたい.そういうことでかばんの実用性にはこだわってきました.

acegene28776.jpg

昔はパソコンショップに売っているようなパソコン対応かばんを使ったりしていましたが,10年ぐらい前から,パソコンを運ぶことを重視しつつ,もう少し出来の良い製品がかばんの専門メーカーから出るようになりました.そこで6年ほど前から使っているのがこれ(ACE GENE 28776)です.当時は15インチのMacBook Proを使っていたこともあって,どうしてもかばんは大きめでした.荷物が重いのでリュックタイプのものが必要ですが,出張時を意識して少しはフォーマルな格好にも似合うものを,と,3way(手提げにも,肩掛けにも,リュックにもなる)タイプです.このかばんの特徴はリュックの肩紐を完全にしまい込むこと(上段)や,逆に手提げのハンドルを隠してリュック型にすること(下段)ができ,どの使い方でも,また横でも縦でも違和感のない見た目になります.他にも何かと多機能で便利でしたが,流石に6年も使うとくたびれてきて,少し破れたりもしてきたのでヒマをやることにしました.

wt52567-0.jpg

そこでいろいろと調べ,今回購入したのがこれ.ワールドトラベラー プロビデンス 52567 です.同じエースの製品ですが,ACE GENE よりも下のクラスに位置する商品のようで,実際に値段も ACE GENE よりかなり安めです.数年前からMacBook Pro を13インチの小さい方にしたことなど,荷物が減っているので少し小ぶりのものにしました.しかし1つ,どうしても外したくない機能があります.それは「エキスパンダブル」と呼ばれているもので,要するにファスナーをぐるりと緩めるとマチが少し広がる機能.これがあるおかげで,日頃のかばんのまま下着等を入れて1〜2泊の出張ならすぐに出かけられます.前のかばんのときにも何かと世話になることが多く,出張先で多くの資料をもらったときなど,不測の事態でも助けられました.しかし意外と,この手の「ビジネスリュック」にはエキスパンダブルが搭載されていないことが多く,またあったとしても下部しか広がらないものも多いです.

wt52567-1.jpg

前のかばんより薄手のため容量が小さいですが,2気室(2箇所が開き,荷物を分けられる)から1気室になったので,なんとかなるでしょう.13インチのノートパソコン対応ということですが,薄型のMacBook Proがギリギリなので,厚みのあるノートPCは入らないかもしれません.このノートPCを入れるポケットは下端がかばんの底よりも5cmほど高めになっており,かばんを床に置くときにもショックが伝わりにくくなっていたり,PCが取り出しやすくなっているのもよいところだと思いました.

この手の「ビジネスリュック」も普及して市民権を得たと言うか,違和感を持って見られることも少なくなったように思われます.最初から縦型だと閉め忘れて背負っても荷物が落ちる心配がないし,混んだ電車で手に下げてもじゃまになりにくいので,職場への来客でも,従来型の,横長の手提げは減り,この手のリュックを使っておられる方が増えたように思います.
posted by しんさく at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子モノ

2018年09月04日

機械式時計をスマートウォッチに

電子ガジェットが好きな私ですが、Apple Watch を始めとするスマートウォッチが流行っても手を出してきませんでした。なぜかというと、時計を買い換えられない事情があったからです。2001年に使い始めてから17年間、ほぼ毎日ずっと使い続けている機械式クロノグラフ。この手の時計は自分で買う方のほか、なにかの節目の記念に買ったり、またはプレゼントしてもらったりという場合も多いのではないでしょうか。自分の場合もそうで、気に入っている、という理由だけでなく、他の時計に買い換えて死蔵するのが憚られるということがあったと思います。

DSC00009.JPG

その機械式クロノグラフはブライトリングのB-2というもので、時計本体(ケース)もブレス(ブレスレット、バンド)も高品質なステンレスで肉厚にできており、それまで使ってきた時計とは耐久性が段違いです。約5年ごとにOHしていることもあって快調そのものです。大抵の時計は毎日使っているとそのうちブレスのピンが抜けたりして、まずブレスがダメになってきます。でもこの時計では非常に太いピンをコマに溶接してあり、不具合はまったくありません。しかし上の写真のように購入から間もないころに比べると少し伸びも見られます。そろそろブレスは付け替えて、今のものは温存しようかと思っていたときに良いものを見つけました。

P1001870.jpg

これはソニーの wena wrist pro というスマートウォッチです。スマートウォッチといってもバンド部分に機能がついており、時計本体部分はありません。つまりスマートバンドともいうべき商品です。もともと wena wrist という第1世代の商品があり、興味はありましたがディスプレイが備わっていないなどちょっと不足を感じる仕様だったので、そのうち忘れてしまっていました。昨年末にディスプレイを備えた第2世代とも言うべき wena wrist pro が発売されていたのですが気づかず、今になって購入したというわけです。

2.jpg

機能としては通知、電子マネー、活動量計の3つがあります。スマートフォンと bluetooth で接続しておくと、電話やLINE等の着信通知、スケジュールのリマインダー、などを振動で知らせてくれ、ディスプレイを見れば通知の種類と相手先、メッセージの一部、スケジュール内容や時間などを確認できます。また電子マネー機能ではEdyやQuicPayでの支払いができるほか、ANAの搭乗やヨドバシカメラのポイントカード機能などもあります。残念ながらICOCA/SUICAなどの交通系カードには対応していませんが、自分自身は車生活なので大きい問題ではありません。発売後のアップデートで時計表示機能も備わり、表示面を上に向けると自動的に数秒間、日時が表示されるようにもなりました。

P1001844.jpg

時計との取り付け部分の寸法が合うかどうか気になるところです。wena wrist pro は標準で取付部の幅が22mm、このブライトリングB-2にそのままでぴったりです。質感も、表面がブラッシュ仕上げ、側面がポリッシュ(光沢)仕上げでよく合います。スマートウォッチにはスポーティなシリコンバンドのものが多いのですが、wena は手持ちの時計と合わせられるよう高級感のある仕上げになっていて、こういう重さのある大きめの機械式時計と組み合わせられるのがいいところです。

名称未設定.jpeg

購入時のままできちんとバンドはつくのですが、少し加工を行いました。このバンドはバネ棒部分(ケースとバンドをつなぐ伸縮する棒の部分)が「レバーピン」というものになっていて、工具なしにバンドの脱着ができます。しかしそのレバーピンのレバー部分がケースと干渉し、45度ぐらいまでしかエンドピースが曲がりません。装着感には問題ないのですが、手首の動きによってはエンドピースを限界以上に曲げようとする力がかかり、バネ棒に負担がかかりそうです。そこでレバーピンの頭をリューターや砥石で削って、ほぼツライチになるまで短くしたところ、右図のように問題なく曲がるようになりました。

P1001868.jpg

装着時も手首にレバーピンのあたまが当たる感触がなくなり、また不意に外れる危険性も低下したと思います。短くなりましたが爪をひっかけると動くので、脱着にも問題ありません。

電子マネーなど使わなくても、コンビニではクレジットカード払いをしていたのですが、いざ使い始めてみると便利です。NFC対応のスマホから自宅でチャージできるのも便利。いまだに、レジの前でついポケットの財布を探ってしまうくせが抜けませんが・・

posted by しんさく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子モノ

2018年07月22日

除湿の自動化

さて,除湿機の導入効果.当然ながらある程度湿度は下がります.しかしエアコンほどの能力がないのと,結構気温が上がります.ペルチェ素子の発熱分(消費電力分)に加え凝縮潜熱が加わるので当然といえば当然ですが,同時に電気代も気になります.そこで,湿度により除湿機の運転を自動化することにしました.

sonoff.jpg

ネットで色々調べていると,面白そうな機器を発見.IoTスイッチ(ネット経由で電気製品をON/OFFするスイッチ)で,温度・湿度センサが接続でき,設定した温湿度により自動的にスイッチをON/OFFすることができる製品(Sonoff TH16)です.機能の割に2,700円とお手頃価格.そのかわり少し電気配線をする必要があります(テーブルタップをぶった切って間にこの機器をつなぐ作業).上の写真の右がそのスイッチの本体で,WiFiに繋がります.左の写真で,棚の右にぶら下がっているのが温湿度センサです(棚の前についている電子式の温湿度計は無関係).また結局,除湿機には排水管を取り付けて窓から連続排水できるようにしました.

IMG_0765.png

設定や制御はスマートフォンやタブレットから行います.専用アプリをインストールしてアカウントを作るとスイッチが登録されます.スイッチとスマホ・タブレットは直接通信するのではなく,サーバを経由しているようで,家から出ていても動作状況や温湿度,ログ(スイッチON/OFFの日時だけで,温湿度変化は記録されない)を確認できます.温度または湿度のどちらかを選び,ONにする値とOFFにする値をそれぞれ設定できます.

日中の湿度がどうなっているかなどはこれまでわかっていなかったので,少しチェックしながら設定湿度を詰めていこうと思います.
posted by しんさく at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子モノ