2010年06月06日

実は関係者でした

平城遷都1300年祭に出かけてきました.

かねてから情報は伝わってきていましたが,当初はもっと盛大に行われるはずだったこのイベント,長い不況にリーマン・ショックが輪をかけた形になり,民間スポンサーがほとんど集まらず,大幅に事業縮小.会場の片隅に設けられた収容人数の極めて限られたパビリオン2棟のほかには,もとの平城宮跡のとおりに雑草の生えた平原が広がっていました.一方,平城遷都1300年祭とは独立に180億円という巨額の税金と9年の歳月を投入して建造した大極殿が威容を誇っている,といった具合で,入り口の朱雀門からは延々と北を目指して(途中,近鉄の踏切を渡り)草原の中を歩いていくだけで健康に良いイベントとなっています.

sento1.jpg


2つのパビリオンは入場整理券がなくては入れず,小さい子供もおり,かなり暑かったこともあったので,待ち時間の関係で今回はパス.そのかわり家族の希望で,大極殿脇で貸し出している衣装を借りてそのあたりを散策するというのをやってみました.


sento2.jpg


実はこの「平城遷都1300年祭」,一時は関係者でした.このイベントにおけるIT活用についての企画調査をする,という奈良県の委員会「IT1300フォーラム」のメンバーに呼ばれ,2006年1月から1年余りの間,何度か休日に奈良県の庁舎に出向いて会議に出る,またはメールで委員と議論したり報告書を作る,というものでしたが,兵庫県からは遠い!ほとんど一日仕事になる上,いただいた交通費では赤字になるというものでしたが,折角の機会なのでいろいろとアイディア出しをさせてもらっていました.

平城宮跡にはほとんど建物がなく,かなり想像力を働かせないと当時の活気に想いを馳せることはできません.そこで VR/AR (仮想現実感・拡張現実感)技術が使えないかと言うアイディアも出ていました.2006年2月に私が発信したメールを見ていると,次のようなことを書いていました.「GPS,姿勢センサ,それに電子コンパス(地磁気)があれば相当なことができ,理論上は端末を向けた方向の映像(当時の平城京の風景を再現したもの)を表示したり,目的地への道順の案内をしたり,ということは可能と思います」これは技術としては十分研究されていましたが,2009年6月に発売された iPhone にGPS, 姿勢センサに加えて電子コンパスが搭載されたことで一気に盛り上がった分野です.ほかに,来場者が入力した見どころ情報の集約のような,SNS的なシステムのアイディアもいろいろ出ていました.

しかしその後,委員会の雰囲気ががらっと変わります.そもそも「現地では何が出来るのか,どこまでならしてもいいのか」ということにも県からはまったく明確な返事がないような状態でした.そこに県の方からは,妙なちゃぶだい返しのような連絡が入るように.簡単に言うと,イベントは県が依頼したプロデューサが決めるので,委員会から提案があっても持っていく場所が難しく荷が重いだとか,異動で担当者が変わって前の話を全くわかってなかったりだとかで,メールには体制への苦情や,対応を問いただす長いメールが行き交うように.「委員の皆様は,なぜ現段階でこれなのか,と思われたと思います.つまり理解度の問題ではなく,我々の昨年の議論をそもそも見ていないと理解されかねない内容だったということです.」など.他にも徒労感,不信感という言葉が踊っています.・・それでもなんとか年度末には「技術提案書」の形にまとめられたのですが,おそらくそれはほとんどどこからも参照されず,ほとんど闇に葬られているものと思われます.

これまでいろいろなところでアイディア出しに呼ばれて参加してきたことがありましたが,私の中では徒労感のトップクラスに位置づけられるプロジェクトがこの一件でした.このイベントのマスコットキャラクター「せんとくん」のデザイン料や選考過程の不透明さが物議を醸したことがありましたが,この話を聞いたとき,私はまっさきに「さもありなん」と思ったものでした.

必要なところに誘導の人がいないのに,不要なところにたくさんいたりと,いかにも「協会」が運営しているゆえのまずさのようなものも散見されました.不況でスポンサーが集まらず,当初計画の何分の一かの100億円の予算に圧縮されたということですが,民間の資金はその 1/5 程度とも言われています.不況が憎いというと話が簡単なのですが,スポンサーが集まらない理由はこのような運営体制のまずさもあったのじゃないかという気もします.


j20a.jpg


会場に設営された,思ったよりこじんまりした「まほろばステージ」ではタイミングよく,せんとくんショーが開催されていました.せんとくんがひとしきり愛嬌を振りまいた後,なかなかシュールな「せんとくんダンス」が披露されていました.

ただ大幅に事業が縮小されたため,さすがにこれではお金が取れないということで,無料イベントにされたのは大変賢明な判断であったように思います.会場に入って散策し,大極殿を見学してくる分にはお金がかかりません.また,平城京はあえて妙な手が加えられておらず(資料が乏しく,規模や建築様式も他の建築物を参考に決められたため,奈良文化財研究所が「上部構造については想像の域を出るものではなく、復原建物が既成事実として安易に社会に受け容れられることは決して望ましいことではない。」とまで言う大極殿・・そのわりに近代的な建築方法を使わず,木材を宮大工が加工して作るという非常に贅沢なつくりの大極殿を除けば)建物などの復原もされていないのが平城宮跡のよさであると思います.そこをただぶらぶらとして,往時の賑わいとその後の歳月に思いを馳せるのが平城京の楽しみ方.それがいたずらに人工着色されていないのは,このイベントを取り巻くいろいろが産んだ,思わぬ副産物であると思います.

ただ遠方から長時間をかけてこられるならこの平城宮跡だけでなく,奈良の素晴らしい文化財,例えば興福寺や大仏殿,奈良公園にも足を運ぶと良いと思います.
posted by しんさく at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月03日

新生活

3月30日に,広島にやってきました.

29日は前職の研究室のスタッフに歓送会を開いていただきました.知らないうちに,予想外のものを作ってくださっていて,とても驚き,よい良い記念になりました.そして翌30日,新しい下宿先に荷物が搬入される日です.当初は何時に荷物が届くか分からず,最悪,晩のうちに移動することも考えたのですが,結局午後3時頃に搬入の予定との連絡があったので,一旦自宅に帰って,朝に出発することが出来ました.昼に広島に着き,不動産業者で鍵を受け取り,準備をしてから荷物を受け入れることができました.

30日の夕方は荷物の整理もそこそこに,電気屋さんに行って冷蔵庫や洗濯機,炊飯器などを物色.この時期は小さい家電がよく出るということで,在庫切れが多かったのですが,結局そのおかげであまり贅沢することなく済みました.それからニトリで洗濯かごや枕・マットレスなど住環境整備のためのものを大量に買い込み.なんとか快適に寝られる環境が整いました.

31日は新しい赴任先に荷物を運び込み,そのついでに新しいオフィスの家具の配置を整えたり,ネットワークやディスプレイ,プリンタのセットアップ.超がいくつ付いてもおかしくないぐらいお忙しいところ,私の部屋を空け,綺麗に整えておいてくださった大先生,またカードキーやネットワークの設定など進めておいてくださった方々のおかげで,全てが順調にいきました.

room1s.jpgこの日は早めに退出して,再び別のホームセンターへ.そこは2階に家具屋さんがついていたので,背の低いソファを購入.他にクローゼットに入れるチェストやカーペットなど,またまた車の荷室いっぱい買い込みました.これでほぼ生活用具が揃い,あとは日曜日に納品される冷蔵庫と洗濯機を待つばかりになりました.

写真はその部屋の様子です.ロフト付きの部屋なので,ベッドを置く必要もなく,一人暮らしには十二分の広さで,新しいこともあって快適です.ただ,ロフトで,8階とそこそこ高いこともあって,寝るところからは街中がよく見えます.逆に言うと外からも丸見え.カーテンがないと安心して寝られない,ということで,とりあえず既製サイズのカーテンを買ってきて,とにもかくにも付けました.そのため,丈が全然合っていません.週末にはちゃんと測ったサイズでオーダーしようと思っています.

room2s.jpgロフト付きの建物はその分,ちょっと1階分の高さが高いようで,天井もかなり高く,測ってみると床から天井まで 3m 以上ありました.そのため電灯をつけるのにとても難儀しました.結局,TVの下に置くローボードに別のローボードを積み重ねて 1m 近い高さの足場を作り,なんとかこのシャンデリアを取り付けました.この電灯,12年前に結婚したときから1年余り住んでいたマンションで,食卓に下げていたものです.そのままずっと,自宅の押し入れで10年ほど眠っていたのですが,ようやく日の目を見ることになりました.ちょっとフェミニンなデザインですが綺麗だし,マンションの電灯は全て黄色っぽい電球色で統一されて帰って良かったかもと思っています.今は電球型蛍光灯もあるので助かります.

そして,1日です.早朝から辞令交付と,福利厚生にかかわる大量の書類記入.午後は専攻長の先生が丁寧に,専攻内の皆さんに私を紹介して下さいました.そのあとは計算機のセットアップや部屋の整理などをしていると10時頃に.部屋を出るともう真っ暗で,人気がありません.早速初日からやってしまった,と思いながらバスで帰宅しました.

2日の午前は前日の整理設定作業の続きをし,午後はいよいよ,研究室の学生さんたちと顔合わせです.みなハキハキとしていて,とてもまじめな印象.居室に行ったときに皆が挨拶してくれたときに,なにかとても,嬉しく楽しい気分になりました.研究室の運営もスタッフだけでなく,それぞれの学生さんたちが責任を持ってよく分担してくれているようです.早速,新しく配属された学生さんたちとの面談も行いましたが,モチベーションも高く,卒業要件よりも遙かに多くの単位を取っている方が何人もいたりして,感心させられました.これからがますます楽しみになってきました.

明日4日は妻が部屋の様子を見に来てくれます.生活準備を手伝ってもらおうと思っていたのですが,あらかた出来てしまったので,明日は僕では気づかないような部分のアドバイスをもらってから,ちょっと広島観光でもしようかなと思っています.
posted by しんさく at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月03日

ひなまつり

もうすっかり春の陽気ですが,それもそのはず,今日は3月3日ひなまつりの日です.


hina.jpg


うちにはこの4月に小学校に入学する長女(第2子)と4歳になったばかりの次女(第3子)がおります.ひな人形は,ひな壇に三人官女だ五人囃子だなんだと並んだタイプではありません.奥には市松人形もいます.僕自身は男ということもあり,ほとんど興味はなかったのですが,ひな人形を出すと子どもたちはやっぱり嬉しいようです.


flower.jpg


出勤のときにふと見ると,玄関の生け花も春らしくなっていました.お向かいの親戚のおばあちゃんが生け花の先生をしていて,節目になると声をかけてくれるので,お正月のお花(万年青:おもと と読む)も毎年,子どもを交えた女性陣で楽しく生けているようです.

いつもは気づかなかったり,鑑賞する間もなくバタバタと通り過ぎてしまっている僕ですが,こういう季節の節目が感じられる家はやっぱりありがたいです.
posted by しんさく at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記