2024年01月21日

オートテスト in 岡山 大家族の湯

IMG_20240120_084006957.jpg


先月に引き続き、オートテストに参加しました。通勤車のため冬場はスタッドレスに交換していて、オートテストに出るには夏タイヤに戻さないといけないので面倒なのですが、まあ申し込んでしまったものは仕方がない。という感じで出かけました。土曜日開催で、朝が早かったので前の週末に交換したのですが、その後1週間、雪が降らずに助かりました。

layout.jpeg


今回は岡山県のまちなかの温泉施設の駐車場で開催されたのですが、どういうコースレイアウトになるのか、事前に航空写真を見たときから心配していました。というのは、駐車場には車輪止めや街灯が多く設置されていて、自由なコースレイアウトの障害になるのが目に見えていたためです。コース図は当日、現地で渡されるのですが、なかなか巧妙なレイアウト。点線に囲まれた薄黄色の部分が車輪止めのある領域で、それをうまく避けてコースレイアウトされています。しかし、スラローム的な区間がほとんどなくスピードが乗らず、コーナリング性能があまり効いてこないことや、パイロンの間隔が非常に狭いところが多く、小さい車のほうがぐっと有利なレイアウトだったように思いました。

当日は天気が悪く、路面はウェット。練習走行では思ったよりズルズル滑りましたが、結果、54台中2位のタイムで、本番も期待できるかな?というところでしたが、いくらかペナルティは受けたもののタイムがいい車両がちらほら。

1本目は雨が上がっていたので車載映像ありです。ほかに、観客席エリアからの撮影動画と、カメラを高い位置に設置して撮影した動画を撮影された方があり共有いただきました。







この走行、押さえながら走ったのであまり目立った滑りもなく、そこそこのタイムが出たかなと思っていたのですが・・ゴールの方の黄旗が上がっています。車載映像や、観客席エリアからの動画では全くわからなかったのですが、高い位置からの映像を見てわかりました。ゴール直前の、右側の青パイロンの土台を後輪で踏んだようで、パイロンが揺れて音がしているのがわかります。5秒のペナルティ。残念。

その後昼食を食べてから2本目の走行になりましたが、残念なことに雨がまた降り出してしまいました。ですので、車載映像はなし。路面の濡れ度合いのため、たぶんタイムも出にくい状況です。





一部オーバースピードで膨らんでしまいましたが、ミスもなくそれなりの走り。結果、1本目の0.1秒落ちで走行を終えました。

result240120-2.jpeg


最終結果。ご覧のようにクラス4位(出走19台)、総合6位(出走54台)。最後、「マイスター」氏の走りで表彰台から蹴落とされてしまう結果になりましたが、出走台数が多いため6位までが賞典対象で、表彰を受けることができ、少し商品ももらって帰れました。
posted by しんさく at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月12日

山口ひとり旅

とある週末.土曜日は広島で仕事でしたが,翌日曜日はまったくの空白だったのでドライブに出かけました.

目的地は角島大橋.エメラルドグリーンの海の色に海面近くを走る橋の組み合わせのためか,ちょっと日本離れした感じの風景で,画像検索結果を見たらどうしても見に行きたくなったわけです.

高速道路で美祢インターまで行き,そこからは一般道をしばらく北西へ走ると,だんだんと「いかにも」という感じのバイクツーリングの集団やクラシックカーなどが増えてきて,いよいよかという雰囲気に.そして見えました.幸い天気が良く,画像検索で見た通り,いや,それ以上の風景です.

DSCN1418.JPG


浅い海に白い砂,透明な水で,本州,しかも日本海側とはにわかに信じがたい風景でした.沖縄やグアムのようでした.

しばらく景色を楽しんだ後,いよいよ橋へ.橋は無料ですが,そんなに長くなくあっという間に角島へついてしまいます.角島側にも駐車場と展望台があり,そこで景色を見ていると地元の方に声をかけられ,話をしているうちに耳寄り情報が.次は「千畳敷」へ行きたいと思っていたところ,角島にもそのような放牧地があるとのこと.そこで話を聞いたとおりに「牧崎風の公園」へ行ってきました.

DSCN1451.JPG


DSCN1450.JPG


こんなところでゆっくりと草をついばみながら育った牛は幸せですね.あちこちと写真を取り回ってから車に戻り,今度は角島のさらに先のほうにある灯台,角島灯台へ.

DSCN1457.jpg


灯台からの見晴らしが素晴らしいのはもちろん,灯台自身も御影石造りでとても綺麗.明治6年にイギリスで作られたレンズは今も稼動しており,日本に6基しか残存していない第1等灯台では最古のものだということです.

さて,角島も堪能し,今度はしばらく車を走らせて長門市のほうへ.こちら(東後畑)には,美しい棚田の名所があるということで,こちらも是非見たかったものでした.

DSCN1488.JPG


DSCN1468.JPG


普通,棚田というと山間部にありますが,ここは海沿いの急斜面に作られているため,海へ迫る棚田の風景が美しい風景を作っています.ただ,やはり棚田での耕作は機械化が難しく労力がかかるということで,いかにも美しい,細い棚田が段々と続いているところは耕作放棄されているところが目立っていました.人力に頼る農耕の苦労を考えると仕方がないとは言え,少し寂しい思いがしました.

そのような訳で,12時間ほどのドライブでしたが,気持ちいい気候に任せてほとんどずっとオープンにして走っていたためか,帽子をかぶり,サングラスをかけていたものの,かなりの日焼けに..春の日差しはなめたらいけないのでした.

DSCN1416-2.JPG


高速道路を美祢インターで降りてから再び乗るまでのルートはこちら.赤い線にそって時計回りに進みました.

route.jpg


時間の都合で秋芳洞にはいけませんでしたが,これは次回のお楽しみかな?
posted by しんさく at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月07日

阪本真由美さん2枚組 2nd アルバム発売!

本日9月7日,シンガーソングライターでピアノもご自身で演奏される阪本真由美さんの2枚組 2nd アルバム『あなたと刻む時間(とき)の中で』が発売になりました.

EMB-1102.jpg


3度目になりますが,今回もジャケットの写真撮影とデザインを担当しました.こちらこちらで書いたように,いくつかのミュージシャンのCDジャケットの写真撮影・写真制作をしていますが,特に阪本さんはメインビジュアルの制作をずっと担当しています.

EMB-1103.jpg


以前のジャケットは屋外の写真でしたが,今回は趣向を変えて,屋内からの写真となっています.少しクラシカルな王道のポートレートが曲調によく合っているのではないでしょうか?2枚のCDで少し表情や雰囲気が違うので,是非実物で見比べてみてください.CD内部の写真もクラシックの雰囲気が少し漂うものになっているかなと思います.

今回はなんと2枚組のアルバムということで,ライブ等では演奏されてきたけれどもこれまで収録されていなかった曲も多く収録されています.特に,古くからの曲である「闇の糸」や路上ライブで人気の「ひこうきぐも」は待っていた人も多いのではないでしょうか.それに加え,今回は久々に阪本さんの原点とも言えるインストが各1曲入っていたり,従来のシングルに収録されている曲のアレンジが違うものなど,必聴です.

CDは店頭だけでなく,もちろんオンラインでも購入できます.10月2日に発売記念ライブもあるそうなので,ぜひホームページもご覧ください.
posted by しんさく at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記