2011年05月01日

車が変わりました

新しい車が来ました.前はかなり背が高いオフローダーでしたが,今回は打って変わって背の低い車になりました.

boxster1.jpgこの車はポルシェのボクスターという車です.二人乗りのオープンカーで,スポーツカーとしては最も本格的な形式とされるミッドシップ(普通の車なら後部座席があるべきところにエンジンが置いてあり,前後の重量配分が良い.レーシングカーはほとんどがこの形式)なのですが,ポルシェの中ではもっとも廉価な車です.2008年式,3万キロの中古車なので,フェアレディZロードスターやランドクルーザーを新車で買うよりは安いです.

車の免許を取ってからというもの,特に当時(90年代)には今よりずっと流行っていたモータースポーツ観戦の影響もあり,僕の中ではポルシェはずっと理想の自動車メーカでした.ただのカエルみたいな車のくせに滅法速く,市販車も触れてみると,それまで見たこともないぐらいがっちりした作りで,生真面目なドイツ魂が詰まったところが好きでした.

しかしもちろん,こんなものは高嶺の花.それでもなんとか手に入れようと,フロントエンジンの944を探していた時期があったり,25年落ちの911を買おうとしたり(実際に手付け金まで払ったが,キャンセルした).中でもボクスターは,1993年にコンセプトモデルが発表された後,東京モーターショウに展示されたのをわざわざ見に行ったほどです.しかし残念ながらこれまで縁がありませんでした.

boxster2.jpgですが,僕は以前から,いくつか自分で決めていた計画や目標がありました.そして,それに達し,達成したら,そのときに買おうと.その時期が思ったよりも早く訪れた,というところはありますが,思ってみればもう数えで40歳.背の低い車に楽に乗れる時間も,そう長くはありません.

写真の末っ子は来年小学生ですが,長男は10歳.あと8年で高校を卒業する歳になります.考えてみたら,今買う車は,大事に乗れば,長男が免許を取ったときに運転させてくれというかもしれないタイミング,と思ったら,昔モータースポーツの観戦に繰り出していたころからすると,遠くへきたもんだな,とも思いました.

boxster4.jpgそんなわけで,今回購入に至ったのですが,なんといっても正規ディーラーの認定中古車(製造年から9年目まで,故障に対する保証を付けられる)は数が少ない!この型でマニュアルでは10台ほどしかなく,年式や値段も勘案するとほとんど選択の余地がありません.そんな中,かなり条件に合った物件が出たので,遠方(千葉県)から購入することにしました.関東圏では消費が冷え込んでいることもあり,特にこの種の商品は回転が鈍っているようですが,勝手な言い方をすると,これもなんらかの意味でプラスに働けばいいなと思っています.

そして,購入後,ふと気づいたのが,昔手付け金を払ったもののキャンセルした,1977年式の911と同じ排気量(2700cc),同じ色.因果なものです.

エンジンも前車のパジェロよりは1割ほど小さく(もちろんパワーはずっとありますが),燃費もよさそう.荷物も前後のトランクにたくさん積めるため,広島で一人で乗るには十分です.よく言われることですが,ハンドリングやブレーキもポルシェならではのがっちり感があり,マニュアルミッションを駆ってエンジン回転数を合わせながら乗れば,飛ばさなくても良いもの感を味わえるのがよいところです.

さて,そのパジェロですが,前任地では毎日往復100kmの通勤に使っていたこともあり,既に18万キロ.まだ7年しか乗っていないし,整備もしっかりしていたのですが,買い取りではほとんど値段が付かないのが悲しいところ.・・ところが,これを近所の幼なじみが,そのお宅のセカンドカーとして引き取ってくれることになりました.車を手放すときはいつもそうですが,いろんな思い出が詰まっている車と分かれるのは寂しいもの.それを身近なところでこれからも目にすることが出来るのは嬉しいです.
posted by しんさく at 02:21| Comment(3) | TrackBack(0) |