2024年03月02日

車高調の動きをスムーズに

年間走行距離が約2万キロと、割と走るため、約5年前に入れた車高調も9万キロを超えました。最初の(新車当時からの)サスはビルシュタイン製のはずですが10万キロで完全にダメになったので、割とこの製品は耐久性があったなという感じがしています。

ただ、どうしても車高調だから乗り心地が純正より劣る気がします。これは新品時から感じていたことで、ストロークが短く減衰力も高いので当然ではあるのですが、小さな入力のときの微小な動きの滑らかさが劣る感じもします。これは「純正形状」でなく車高調だからということもあると思います。

offset.jpg


形状で乗り心地が違うのかよ。と考える方もあると思いますが、それが実は大きな問題なのです。といってもストラット式サスペンションに限定する話なのですが、純正形状サスは上の図のようにバネが傾けて取り付けられています。これをオフセットスプリングといい、車重によりストラットを曲げようとする力を緩和します。上の図では簡単のためロアアームの影響を無視していますが、概念的にはこのように、力がかかる方向にバネの向きを揃えることでストラットに曲げ応力がかからないようにし、スムーズな動きを助けます。しかし、車高調は一般的にバネとダンパーは同じ向きに取り付けられているので、ストラット部分の滑りが良くないと動きが渋くなることがあります。(なお、ダブルウィッシュボーンやマルチリンクなどのサス形式では、そもそもダンパーに曲げ応力がかからないため無関係です)。ボクスターは4輪ストラットのためこの影響が大きい車種と言えます。

apply.jpg


そこで今回、ストラットの摺動部にモリブデンペーストを塗布してみました。タイヤを外し、ダストブーツをめくりあげて割り箸で固定したら、歯ブラシでペーストをたっぷり塗りつけます。さて、結果は・・効果絶大。まるでタイヤを新品に交換したときのような、または、なにか絨毯の上を走っているかのような感覚です。



あとは、どれぐらいこの効果が持つか。シリコンオイルではあまり長持ちせず、それよりは良い感じですが、やはり距離が進むとだんだん下に戻っている気もします。なかなか感覚的なもので、慣れもありよくわからないところですが、とにかく効果はあると感じました。モリブデン潤滑剤にはスプレータイプもあるので、それをストラット頂部のピロボールに使っています。こちらもハンドルの感触や異音軽減に効果があるような・・もともとそう違和感はないので、はっきりしませんが、車高調にして乗り心地や異音に悩んでいる方は試してみたらいいのではないかと思います。

posted by しんさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2023年12月16日

オートテスト in 兵庫県立フラワーセンター

自宅の近所でオートテストが開催されたので、参加してきました。場所は、加西市の兵庫県立フラワーセンター駐車場。自宅から車で15分ほどしかかからないところです。遠方から参加される方も多いのですが、天気が良く、ぷかぷかといくつも熱気球が飛んだりして、「なにもないところですね」と言われましたが、広やかな当地域の良さを満喫してもらえたと思います。



さて、走行ですが、練習走行では1位のタイム。第1走でもトップクラスのタイムでしたが、残念ながらパイロンタッチがありました(映像ではよくわかりませんが、スラローム区間で右後輪あたりでパイロンの縁を踏んだのだと思います)。第2走ではマージンを大きめに取りましたが、車庫入れ(2つ目のバック)のブレーキングでフロントタイヤがロックし、車体が首を振って斜めになったので、修正舵を入れる必要が生じました。このために前進のギアチェンジが遅れてタイムロス。ですが、32番ゼッケンの方の走行がとにかく完璧で、このギアチェンジのミスがなくても勝てていなかったと思います。もうちょっと全体にタイムを詰める必要性を感じました。

time.jpg


そういうわけで結果、クラス中惜しくも2位(20台中)、総合では3位でした。例によっていくらか知り合いが参加されていましたが、どなたも良い走りで満喫されていたのが良かったです。

IMG_20231210_153044127.jpg


副賞はフラワーセンターらしく、大きな鉢植えでした。これなら家族に喜ばれる、と言っていると、女性参加者から「確かにオイルもらってもだめですもんね。サラダオイルならまだしも、エンジンオイルじゃあね」と言われたのが傑作でした。
posted by しんさく at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) |

2023年04月29日

パワーウィンドウスイッチの小修理

ボクスターは15年18万キロとなっていますが、車検も難なく通り、快調に走っています。ただ樹脂類の劣化は徐々に進んでおり、前はドアノブのヒンジが折れましたが、コンドはパワーウィンドウスイッチが陥没したので修理しました。

IMG_20230429_162555_569.jpg


運転席側ドア内張りの裏側です。スピーカーのうちウーファーはドア側についており、ドア内張りには中域を担当するスコーカーのみがついています。その右上がパワーウィンドウスイッチのユニットですが、これが操作すると陥没するようになってしまいましたので修理します。

sw1.jpg


パワーウィンドウスイッチ取り付け部分の拡大写真です。赤線で記入した部分が折れてしまい、パワーウィンドウスイッチの下側のフックがかからなくなり陥没するようになりました。いかにも肉厚が薄く、さすがにこれでは折れても仕方がない・・と思いますが、まあポルシェはちょくちょくこういう部分があります。

IMG_20230429_162607_083.jpg


陥没した時の状態です。上側はフックが引っかかっているのですが、下側が回転するように陥没してしまいますので、ここだけ止めればOKです。

IMG_20230429_163712_933.jpg


ガラクタ箱の中からちょうど良さそうな金属片を見つけました。それを少し加工してからはめ込みます。ドア内張りの素材の切替部分に重ね代があり、そこにひっかけるとちょうどいい感じで固定できました。結束バンドで抑えるようにしたので、外すときは結束バンドを切ればOKです。ドア内張りは薄いので、裏側からビスなどで止めると表に突き出るおそれがありますが、そういう危険もなくうまく付きました。元通りドア内張りを取り付け直して完了です。
posted by しんさく at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) |