2013年09月23日

ぶれ追放のために その2

前回に引き続き,三脚まわりの話題です.

三脚にカメラを固定するときは,「1/4インチネジ」というネジで締め付けるようになっています.これは標準規格になっているのでほとんどのカメラに使えますし,私自身も銀塩からデジタルまでたくさんのカメラを持っているので,これを使えないと話になりません.しかしメインで使っているデジタル一眼レフカメラだけはもう少し便利にしようと,いわゆる「クイックシュー」に相当するものを付けました.

l-plate2.jpg


クイックシューというと,安価な三脚の雲台にも付いていますが,たいていはカメラの底からネジを十円玉かなにかでねじ込むようになっていて,あまり力がかけられないこともあって,撮影中にカメラが緩んだりしてイライラしたことがある方もあると思います.それよりはずっと,雲台に付いている,大きなノブの付いたネジで固定したほうがしっかり装着できるので,私自身はあまりクイックシューは使わないようにしてきました.ところが最近,「アルカスイス・スタイル」と呼ばれるタイプのシューが広く使われるようになってきました.特に上の写真のように,カメラの各機種ごとに専用設計になった「L型プレート」は,カメラ底面の形にぴったりフィットするように作られていて,カメラがガタガタする余地がありません.底のネジも六角レンチで締め込むようになっていて,しっかりと取り付けることが出来るようになっています.

l-plate.jpg


このようなL型プレートの利点は,カメラを縦位置で使うときにバランスよく取り付けられることです.普通の雲台では,縦位置撮影の時は,カメラの重心が三脚の脇に出ます.そのため水平が取りづらかったり,重いレンズをつけるとバランスが悪くなったりしますが,このL型プレートを使うとそのような問題はありません.前回の記事でも書いたように,ローアングルの撮影などでもカメラの下部につっかえるものがありませんので,便利です.

shoe.jpg


このような「アルカスイス・スタイル」のクイックシュー(クイックリリース・クランプ)はあちこちのメーカから発売されていて,有名ところは米国のKirk(KES)RRS(Really Right Stuff)かと思いますが,他のメーカでも手がけるところが増えてきて次第に安価になってきていると思います.私の場合,プレートとレールにはRRSを,クランプにはKirkを使っています.

500mm.jpg


三脚の方には普通のダブルナット式の雲台の上にクランプを取り付け,他のカメラを取り付けるときにはクランプを外します.汎用シューをカメラに付け替えるよりは便利です.望遠レンズには写真のように長いプレートを取り付けて,前後バランスを調整できるようにしています.長いプレートはレンズを運ぶ時のハンドル代わりにもなって便利です.この写真のレンズ(Nikkor ED 500mm F4P IF)は三脚座が小さく,かつネジ穴が三脚座の前端と後端に2つついているので,そのまま雲台に付けるとしっかり装着できないのですが,プレートから2本のネジで固定するとかえってしっかり固定できます.このプレートを付けたままで前回の記事に書いたように一脚にも固定ができます.

1271556_541860935888216_1876493476_o.jpg


一脚には,前回の記事で紹介したようにクランプが固定された一脚用の雲台を付けていますが,ちょうどシグマのレンズの三脚座,TS-41は底面が台形になっていて,幅もぴったりなので,傷を厭わなければそのままアルカスイス・スタイルの雲台に固定ができます.この三脚座,実はこのことをこっそり狙って設計したんじゃないかという気がします.

この手のプレートを使うと全部のカメラに付けたくなるとかいう話も聞きますが,メインで使うレンズやカメラだけでもかなり便利になりますし,各メーカからいろんな特徴のあるパーツが出ているので,それらを組合せて自分なりのシステムを作るのも面白いと思います.

最後に,超望遠レンズ 500mm にニコンのAFテレコンバータ TC-16AS を組合せて撮影した写真を掲載します.TC-16AS は,マニュアルフォーカスのレンズをオートフォーカス化しつつ,1.6倍のテレコンバータとして動作するもので,もともと D800E では動作しないものを,電子回路部分を改造して動作するようにしたものです.改造の方法は国内外の様々なウェブサイトで紹介されています.この写真では三脚は使わず,車中から窓枠にレンズを乗せてブレを防ぎ撮影しています.アオサギは警戒心が強いので,車中に身を潜めて姿を見せないようにしたほうが近寄ることが出来ます.

DSC_5151.jpg


Nikon D800E, Ai Nikkor ED 500mm F4P (IF) + Nikon TC-16AS(改)
マスターレンズ F8(合成F値:F12.8) 露光時間 1/640秒 ISO560
posted by しんさく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76365123

この記事へのトラックバック