2019年05月09日

自前整備でコストカット(2)バッテリーとエアコンフィルタ

先日の車検での指摘事項の1つにバッテリーの劣化がありました。実際、昨年の冬だったかに一度エンジンがかからなくなり(30分ほど放置して再トライしたらかかりましたが)、そろそろ替えなければと思いつつ引き延ばしてきました。しかし、今回の車検ではさすがにそろそろ寿命ですよということだったので、ようやく交換しようかと思いましたが、その値段にびっくり。工賃はともかく、部品代(つまりバッテリー代)が5万円台後半です。そこでネットで調べた結果、同等品が12,000円前後で入手できることが判明。自分で交換することにしました。

IMG_20190505_170812.jpg

バッテリーはフロントトランクの奥にあります。ボクスターのフロントフードを開け、トランクの中に踏み込んで作業をすると楽にできます。ついでにその向かって左側(上の写真の赤丸内)にはエアコンの微粒子フィルタがあるのでチェック。

IMG_20190505_170633.jpg

これもディーラーで交換すると工賃込みで16,000円ほどかかりますが、もっと安くで同等品が入手できるし、交換はとても簡単なので作業から外してもらったのです。私は普段、内気循環にしているのでたいして劣化していないはず、と思って見てみたら、

IMG_20190505_170439.jpg

案の定、きれいなものでした(すこし黒ずんでいるのは最初から入っている脱臭剤の活性炭で、汚れではありません)。今回は少し掃除機で吸うだけでもとに戻しました。

IMG_20190509_205558.jpg

さて本題のバッテリー。大きさをチェックして同等品を購入します。仕様によってバッテリーの大きさに何段階かあるようですが、私のボクスターには一番小さいものが載っています。純正のMOLLのバッテリーは突然死するなどあまり評判が良くないようなので、定評のあるBOSCHのものを購入。11,670円でしたが、さらにバッテリーを引き取ってくれるサービスが500円だったのでこれも一緒に購入しました。

IMG_20190509_221102.jpg

バッテリーの交換は普通の車と特に代わりません。外すときはマイナスから、つけるときはプラスからつけます。ボクスターは固定も簡単で、空間も大きいので手も入りやすく楽なものでした。

IMG_20190509_221811.jpg

交換により一時的に電源が切れるので、時計がリセットされます。ボクスターの場合、さらにパワーウィンドウと横滑り防止装置 (PSM : PORSCHE Stability Management) がリセットされます。パワーウィンドウはいっぱいに開いてからさらに10秒ほど開く方向にスイッチを保持、次に閉じてからさらに閉じる方向にスイッチを10秒保持することでリセットされます(自動昇降が復帰します)。PSM はそのへんを数分走れば復帰します。

車検整備.jpg

車検の見積もりと実際の依頼内容の比較です。当初見積もりはなんと70万円を超えるものでした。でも実際には、エアコンの微粒子フィルタは交換不要。ワイパーも、私の場合は撥水剤を塗っているので使用頻度がかなり低く、点検したところまったく劣化がないのでそのままでOKでした。スパークプラグも同様に走行距離から単純に交換リストに上がってきたものですが、最近のプラグはそんなにすぐにダメにならないので今回はなし。スピーカーは前の記事で書いたように、工賃が高かったので部品だけディーラーで取り寄せて自前で交換しました。今のところかなり安くで済んでいますが、まだ大物のフロントブレーキとリアダンパーが残っています。これは社外品を取り付ける予定なので、またそのうち記事にします。
posted by しんさく at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185976961

この記事へのトラックバック