2018年11月17日

ボクスター 幌開閉の手動化

2008年式のボクスター,10年10万キロになりました.快調に走っていますが,そんな中トラブルが発生しました.

trouble.jpg

ある日トランクを開けて荷物を出していると,その前の幌のカバー(コンバーチブルトップ コンパートメント リッド)の部分にゴミが溜まっています.少し幌を開けてカバーを上げ掃除したのですが,その日仕事を終えて帰ろうとすると「幌が完全に閉まっていない」旨のエラーメッセージがメーターパネル内に表示されました.電動で少し幌を開けてから閉めなおそう・・としたところ,エラーで停止.中途半端なところから開きも閉じもしなくなってしまいました.深夜で真っ暗だったためその場での作業は諦め,低速で帰宅.幸い,上の写真のようにマンション下の駐車場のため雨の心配はありません.

loosen.jpg

翌日ディーラーへ持ち込み,見てもらいました.診断の結果,幌を駆動する左右のギアボックスの寿命とのこと.上の写真のように幌が収まる部分の左右にギアボックスが入っており,モーターからの動力を減速して幌を動かしているのですが,そのギアボックス内のギアが欠けるようです.しかしこのギアボックス,調べてみると結構複雑な構造をしており,部品代だけで左右で30万円,工賃を含めると40万円ぐらいかかるということで,まずはとりあえず閉じるようにしてもらいました.右のギアボックスは既に内部のギアが欠けているのかフリーで回転し,左のギアボックスは固着しているので,固定しているネジ(上の赤丸)を緩めて自由に動くようにしてもらいました.

fix.jpg

どうやらこれで手動で開閉出来るようになりましたが,問題は幌を押さえるカバーの部分です.通常はモーターの力で下向きに引っ張って閉じているのですが,上記のようにギアボックスをフリーにしてしまうと,しっかり固定されず上下してしまいます.このカバーは固定しておいたほうがいい,・・というディーラーのアドバイスに従ってまずはワイヤで固定しておき,次の週末に工具類の揃った自宅に単身赴任先から戻り,固定方法を変えることにしました.

crosssec.jpg

parts.jpg

動かしたり覗いたりしながらいろいろ検討した結果,リアトランクのリッドでカバーを抑え込むのが良さそうです.幸いなことにトランクリッドは開くと少し後退するのでカバーとの間に隙間ができますし,閉じる瞬間は真下に降りるように動くので,カバーに少し出っ張りをつければよさそう.車体に加工をせずに済む方法ということで,さきほど針金を巻き付けていたストライカー(位置決めピン)に,上のような部品を作って共締めしました.

hook.jpg

金具を装着した様子です.リアトランクに必要以上の負担をかけないように,高さや向きを調整する必要があります.写真のように蓋の厚みの下面に沿うように調整すると良いようです.


さて,どんな使い勝手になるか・・は上の動画を御覧ください.車外に出る必要はありますが開閉は簡単だし,エンジンを切っていても開閉ができます.他のブログではボンネットピンでカバーを固定している例が紹介されていますが,今回の方法は見た目としても,使い勝手としてもうまく出来たと自画自賛しています.

strut.jpg

ついでに,開けても勝手に下ってくるフロントトランクフードのガスダンパーを交換しました.インターネットで検索すると社外品が安くで売られているのが見つかります.2本で7,000円,交換も比較的簡単です.

ボクスターのうち,986型と987型は幌を開閉する機構の構造がほぼ同じようなので,おそらく986型でも同じ方法が使えるのではないかと思います.ただし幌が締まりきった状態かどうかを調べるスイッチの位置は年式によって違います(当方の987型は左側のギアボックス内にスイッチがありますが,986ではリッド後端についていたりするようです).このスイッチが適切な状態でなければ,サイドウィンドウが閉じられなくなったり,メーターパネルに警告が表示されたりするので注意してください.また981型以降は幌をフロントウィンドウ上端に固定する部分も電動化されているので,手動化は難しいのではないかと思います.
posted by しんさく at 15:39| Comment(3) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
ボクスターのソフトトップ手動化読ませていただき、自分の986のソフトトップが開かなくなってしまったので手動化しました。何軒かショップにお願いしましたが格納リッドが固定できなくなり危険とのことで断られてしまいました。格納リッドの固定方法のアイデアは素晴らしいですね。恐れながら真似させていただいたました。故障により警告灯が消せません。こればっかりはショップに頼むしかないかな。
Posted by 藤本 勝 at 2019年03月10日 20:51
ご覧いただきありがとうございます!こんな話,誰の役にも立たないんじゃないかとも思っていましたが,お役に立てたようでとても嬉しいです.末永く維持していきましょう.

警告灯ですが,幌の位置のセンサの状態によっては出るようです(閉まりきっていないなど).世代によってセンサの位置が違うようですが,986ではリッド後端中央(幌を動かすモーターが入っている部分)と、左側シートの後ろのロールバーの下の方にスイッチがあったんじゃないかと思います.海外の 986forum.com などに情報があるようですので探して見られるとヒントがあるかもしれません.
Posted by しんさく at 2019年03月10日 22:50
今回ご紹介した方法では、幌を下げている(開いている)状態では窓が上りきりません。フロントウインドウ中央上の、幌を固定するラッチのスイッチのコネクターを抜けば、窓を上げ切ることができるようになります。そのかわり、幌のロック解除をしても窓が自動で下がらなくなりますが、どのみち手動ですので、走行時に風の巻き込みを避けるためにも窓が上り切るようにした方がいいかと思います。
うちの年式のボクスター(2008年式987型)ではラッチのスイッチへの配線は2本だけ(スイッチは一個だけ)ですが、986ではスイッチが2個付いているという情報もあるので、年式により対処方法が違う可能性はあります。
Posted by しんさく at 2019年03月27日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184996223

この記事へのトラックバック