2018年10月21日

HUAWEI P20 pro カメラ評価まとめ

さて今回,しつこいほどに?P20 pro のカメラ画質の評価をしてみました.スマートフォンとしてはかなり大きなセンサを搭載しているなどスペック上のことのみならず,大変評判がよく,IT系メディア関係者がこぞって買っているような状況です.しかしそうは言っても40MPもあれば,等倍で見れば厳しいだろう・・という予想はある意味で裏切られ,スペックだけの40MPではなく意味のある画素数であることもわかりましたし,レンズの性能が予想以上に高いことも確認できました.

使い勝手としてもレンズが飛び出してくることもなく,高速なCPU性能も相まってサクサクと気持ちよく撮影ができます.今回は(ぼかし処理以外は)触れずに評価してきましたが,3つのカメラと画像処理パワーを活用した多様な機能も魅力的です.

コスモスのきれいな季節なので,いくらか撮影してきた例を掲載してまずはこの件はおしまいです.以下の写真はクリックするとオリジナル画像を見ることができます.

IMG_20181021_162900.jpg

コスモスの花びらを逆光で透かして撮りました.背景(空)が明るいので+2EVの露出補正を行い,さらにRAWからの現像時に微調整しました.フルオートしかないことが多いスマートフォンにも露出補正が出来るものが増えてきていますが,P20 pro では一眼レフカメラと同様に1/3EV単位の数値を見ながら露出補正ができるのがいいところです.

IMG_20181021_164107.jpg

これはP20 proの「アパーチャ」機能で背景のボケを大きくして撮影した例です.ボケ量最大のF0.95で撮影しました.被写体と背景の間でほとんど違和感なく処理がされていて,十二分に実用的です(より複雑な形状のときにはうまくいかないときもあります).

IMG_20181021_163731.jpg

こちらはかなり近接して撮影していますので,背景のボケはレンズそのものによるものだけです.小さなものや,料理を撮るときなどはちょうどいいぐらいのボケ加減になると思います.

IMG_20181021_164849.jpg

RAWで撮影し,暗めに現像してみました.

タグ:P20 pro
posted by しんさく at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184742052

この記事へのトラックバック