2018年06月23日

カビ防止に除湿機導入

この時期になるといつもカメラのカビが気になります.防湿庫も持っていますが,とても全部の機材は収まりません.ですので大きな食器棚にカメラと乾燥剤(シリカゲル)を入れていますが,気密性が十分でなく,乾燥剤の効果はあっというまに低下してしまいます.電子レンジで加熱すればシリカゲルは復活しますが,毎週のように交換するのは面倒.どうにかして自動化せねば・・と思っていました.

エアコンを部屋につける手もありますが,家族に「オタクルーム」と称されている趣味の部屋は週末しか使わず,そこにエアコンを奢るのは少々もったいないし,屋外にこれ以上室外機が並ぶのもどうかという感じです.電気代も高いし,エアコンが24時間365日動き続ける保証もありません.除湿機は手軽で良さそうですが,タンクに溜まった水を定期的に捨てるのが面倒,つまり完全自動化にはなりません.どうしたものかなあ・・と思ったまま,家を建ててから4年半が過ぎました.

また今年も梅雨の時期になったので,なんとかしなければ・・と調べていると,今年は新しい発見がありました.除湿機の一部に「連続排水」なる機能のついているものがあります.ホースを繋ぐとそこから排水できるというもので,窓際に置けばサッシから排水できそう.いいかも?と思ったのですが,連続排水の備わった除湿機は大型のものに多く,電気代が意外と高くつくようです.

そうこうしているうちにふと気が付きました.連続排水機能がついていなくても,タンクに穴を開けるなどすればよいこと.また「オタクルーム」には現像用の専用の流しがついているので,そこに置けば排水に難がないこと.さっそく1つ買ってみることにしました.

DSC_3097.jpg

近所の電気屋さんにいくと,ちょうど安価な,小ぶりの除湿機が展示品処分で安くなっていました(大きさがわかるようにカメラを載せてみました).ペルチェ式の単純な構造のようで,背面の機会的なスイッチをONにすると24時間稼働できそう.タンクからの排水にも問題がなさそうなので,買ってきました.6000円ほどでした.

名称未設定 1.jpg

除湿機には普通,タンクを外したり,タンクが水でいっぱいになると停止する機能がついています.タンクを外してみてみると,透明な突起(写真ではLEDのように見えますが)の一方がタンクの突起に押されるもの(タンクの有無を判定するもの)で,もう一方がタンクの水量を検知するもの(タンク内のフロートが上がってくると押されるもの)になっています.タンクの有無を検知する側にテープを張り,タンク無しで動くようにしました.

DSC_3100.jpg

トレイ状のもので排水経路を作り,あとは写真のように除湿機全体を流しに収めます.電源を入れてしばらくすると水がチョロチョロと排出され始めました.いい感じです.あとはどこまで湿度が下がるか?楽しみです.ペルチェ式なので他の除湿機よりは相対的に電気代は安いはずですが,それでも消費電力は85Wとあるので,常時稼働では一日50円ほどかかる可能性があります.様子を見て電源を断続するようなものをつける必要があるかもしれません.
posted by しんさく at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子モノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183619498

この記事へのトラックバック