2015年10月31日

ニコンの古い広角レンズ その2

今回もかなりマニアックなお話です.

前回の「ニコンの古い広角レンズ」で書いたように,一眼レフカメラが登場するまでの広角レンズはカメラの内部へ深く潜るように装着されるものが多くありました.これらは「対称型広角レンズ」などと呼ばれ,レンズの前半と後半がほぼ対称になっているために直線が直線としてまっすぐ描写される(歪曲収差がほとんどない)などのメリットがあります.それに対し一眼レフ用の広角レンズは設計が難しく,ニコンFが登場した1959年当時には超広角レンズは存在しませんでした.

DSC_0743.jpg


そんな中,まずはとにかく超広角レンズを,とニコンが送り出した超広角レンズがこの Nikkor-O 2.1cm F4 です.このレンズは,カール・ツァイスの名レンズ「ビオゴン 21mm F4.5」をお手本にしつつも独自の設計がなされたレンズですが,対称型であるために一眼レフカメラにはそのまま装着できません.そこで,一眼レフレンズのミラーを跳ね上げて装着するようになっています.そのため,ファインダを覗いても真っ暗で被写体は見えません.外付けのファインダが必要になります.

DSC_0746.jpg


レンズを装着して,フィルム側からシャッターを開いて覗いて見ると,こんな風にレンズ後玉がフィルムの直ぐ側に迫っています.また,その大きさもギリギリです.そのため,このレンズは他のレンズとは装着方法が異なります.他のFマウントレンズはレンズ全体をひねるようにしてカメラに取り付けますが,このレンズだけはマウント内部の小さな突起にレンズ本体が引っかかるようになっていて,レンズを回転させずにマウント部分の銀色のリングだけを回して取り付けるという特殊な仕組みになっています(下の写真の赤丸の部品が引っかかる).カメラ内部に差し込まれる部分が回転してしまうとカメラ内部に干渉するために,このような構造になっているようです.

DSC_0733.jpg


要するにこのレンズを取り付けるためには,カメラ側のミラーが「上げっぱなし」になる必要がありますが,それに加えてこの「マウント内部の突起」が必要になります.この突起はニコンF,ニコンF2とニコマートにしか備わっておらず,それ以降のカメラには取り付けることが出来ません.そして,多くのマウントアダプターにもこの突起がありませんが,そんな中,このレンズをニコンS2などの距離系連動式ニコンに取り付けるマニアックなマウントアダプターが登場しました.

DSC_0734.jpg


このアダプターを作っているのは,以前にこちらの最後のほうで紹介したベネズエラの方です.このアダプターは最初から,この Nikkor-O 2.1cm F4 をニコンS2等に取り付けることを意図して作られていて,マウント内部11時の方向にちゃんと突起が設けられています(2つ上の写真の,赤丸内の突起です).もう1つ面白いのは,このアダプターのニコンカメラへの固定方法です.普通,外爪に引っかかるレバーがレンズ(またはマウントアダプター)の脇に付いているはずですが,それはありません.なんと,Fマウント側にレンズを取り付けると自動的に,アダプターがカメラ側にも固定されるようになっているのです.3時方向のレンズ固定用のピン(シルバー)のすぐ脇(4時方向)に,少し太い真鍮色のピンがありますが,これがレンズの装着によって押し下げられると(上の写真の赤矢印の方向の動き),マウントアダプターが緩む方向に回らないようにロックが掛かるようになっています.

DSC_0737.jpg


このアダプターを使って,Fマウント用の Nikkor-O 2.1cm F4 をニコンS2につけてみました.同じレンズはSマウント用にも発売されたのですが,その個数は極めて少なく,今では100万円前後で取引されています.これではとても手が出ませんが,Fマウント用は最近かなり値がこなれてきており,このレンズは外観がくたびれていることもあって245ドルで入手しました.距離計には連動しませんが,もともと被写界深度が深いレンズですので問題ないでしょう.ついでに,本家のビオゴン 21mm F4.5 もニコンSPにつけていっしょに記念撮影.このレンズは,ニコンSマウントとほぼ同形状のコンタックス用のため,そのままニコンに取り付けられます.

DSC_0735.jpg


この写真のように通常のニコンFマウントのレンズもS2などに取り付けることが出来ますが,上で述べたレンズロック用のピンがマウント内部にひっかかってレンズが外れなくなるリスクがあります.事前にアダプターとレンズだけで十分テストした上で自己責任で試してみてください.レンズによっては,レンズ後玉やガード用の突起がニコンSマウントに鑑賞するものもあるかもしれません.いずれにしてもあまりメリットはありませんね.
posted by しんさく at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166796751

この記事へのトラックバック