2019年04月27日

自前整備でコストカット(1)ドアスピーカー交換

購入後8年で約7万キロ走行し,新車からは11年10万キロになったボクスター.先日はソフトトップが開閉しなくなったり,ダンパーが抜けてきて乗り心地が悪くなってきたとかありますが,基本的には好調を保っています.

そんななか,気になる点が.冬場に高速道路を走っていると,やたらと膝もとが寒い.手をやってみると,どうもドアスピーカーあたりから冷気が吹き込んでいるようです.そういえばオーディオの音も悪く低音が出ません.どうもこれはスピーカーのエッジが破れてるな・・・と思って内張りを剥がしてチェックしました.

IMG_20190427_095544.jpg

外見をみたところ,予想に反してぐるっと一周,エッジは正常な形を保っています.これは,別のところからなのかな?でもそんな経路もなさそうだし・・・と思って一度はもとに戻しましたが,どうもおかしいので再度見てみると,エッジが裏側から剥がれていました.ウレタン製らしく加水分解してボロボロ,指で突くと溶けたようになって崩れてきます.これはもう完全にダメです.

IMG_20190427_095506.jpg

社外品のスピーカーを入れてもいいのですが,ボクスターはスピーカーに信号を送る配線の段階で音域を分けるフィルタを通しているらしく,フルレンジスピーカー(低音から高音まで鳴らせるスピーカー)をつけてもうまく鳴らないらしい.社外品でもいいものは結構な値段がするし,奥行きが長いとドアガラスに引っかかるので,今回は純正品をディーラーから購入しました.新しいほう(右)も元のもの(左)もイタリア製のようです.

IMG_20190427_095655.jpg

ボクスターのドアは5個のボルトと9個のクリップで止まっています.このクリップが硬い!どうにかこうにか引き剥がし,交換します.多くの車ではドア内張りを剥がすと,パワーウィンドウのメカを取り付けたり整備したりするための穴(サービスホール)が空いたままで,そこをビニールシート(サービスホールカバー,スクリーン)が覆っています.それに対し,ポルシェでは(この世代の車両からは)頑丈なアルミパネルで完全に覆われています.カーオーディオ分野では音質を上げるためにサービスホールを塞いでしまうことがありますが,整備性が悪くなるなどの問題があります.その点この車両では問題ありません.

IMG_20190427_180014.jpg

ドア内張りを剥がすのが難しい原因がこれ.普通のクリップでなく,押し込むことでロックが掛かる凝ったクリップが使われています.VWやアウディと共通の部品のようですが,これがやっかいで,完全にロックが掛かった状態(右の状態)になると,元の状態(左)に戻すことができません.このクリップはなんと5個の部品でできており,ロックがかかる部分が密閉される構造になっているので,ちょっとやそっとでは再利用できないというやっかいものです.今回はディーラーからスピーカーと一緒に必要個数を購入しました.
posted by しんさく at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) |