2018年07月22日

除湿の自動化

さて,除湿機の導入効果.当然ながらある程度湿度は下がります.しかしエアコンほどの能力がないのと,結構気温が上がります.ペルチェ素子の発熱分(消費電力分)に加え凝縮潜熱が加わるので当然といえば当然ですが,同時に電気代も気になります.そこで,湿度により除湿機の運転を自動化することにしました.

sonoff.jpg

ネットで色々調べていると,面白そうな機器を発見.IoTスイッチ(ネット経由で電気製品をON/OFFするスイッチ)で,温度・湿度センサが接続でき,設定した温湿度により自動的にスイッチをON/OFFすることができる製品(Sonoff TH16)です.機能の割に2,700円とお手頃価格.そのかわり少し電気配線をする必要があります(テーブルタップをぶった切って間にこの機器をつなぐ作業).上の写真の右がそのスイッチの本体で,WiFiに繋がります.左の写真で,棚の右にぶら下がっているのが温湿度センサです(棚の前についている電子式の温湿度計は無関係).また結局,除湿機には排水管を取り付けて窓から連続排水できるようにしました.

IMG_0765.png

設定や制御はスマートフォンやタブレットから行います.専用アプリをインストールしてアカウントを作るとスイッチが登録されます.スイッチとスマホ・タブレットは直接通信するのではなく,サーバを経由しているようで,家から出ていても動作状況や温湿度,ログ(スイッチON/OFFの日時だけで,温湿度変化は記録されない)を確認できます.温度または湿度のどちらかを選び,ONにする値とOFFにする値をそれぞれ設定できます.

日中の湿度がどうなっているかなどはこれまでわかっていなかったので,少しチェックしながら設定湿度を詰めていこうと思います.
posted by しんさく at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子モノ