2018年01月07日

Light L16 の高解像度性能

2018.7.26追記 Light L16 が国内販売開始との報道がありますが,ヴェルテは過去,日本未導入ガジェットの輸入販売で多数のトラブルを起こしています.「松川 ゲッコー」等で検索され,適切に判断されるよう強くおすすめします.

参考
http://eps-r.hatenablog.com/entry/2017/11/16/welte
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/shop/1507605776


16 個のカメラを備え,それらで同時に撮影したデータから1つの画像を作り出す,Light L16.まずはその最大のセールスポイントである,高解像度性能について調べてみました.

まずは室内にテストチャートを置いて撮影です.無謀にも,手持ちのカメラの中で最も解像度の高いフルサイズセンサ搭載の2台(Nikon D800E, Sony α7)と比較してみました.焦点距離はいずれも35mm相当で,比較対象のカメラでは絞りをF6.3〜F8に絞ってレンズの性能を最大限に引き出せるようにしています.撮影したシーンは以下のようなものです.


このシーンを3台のカメラで撮影し,中央のチャート部分を等倍で切り出して並べてたものが以下の写真です.

comp.jpg

Light L16の出力画像はなんと5112万画素もあり,等倍で切り出すともっとも拡大率の高い画像になります.解像感はα7(2400万画素)を上回り,3600万画素の D800E とほぼ同等のようです.またチャートの細かな部分では,D800E, α7 の画像でモアレ,偽色の発生が見られますが(このことはとりもなおさず,レンズの性能がセンサの性能以上に達していることを示しています),L16 ではほとんど見られません.

Light L16 はなぜこんなに解像度が高いのでしょうか?このカメラは28mm相当(5個),70mm相当(5個),150mm相当(6個)の合計16個の1300万画素のカメラを備えており,今回のように35mm相当の画角で写真を撮った場合,28mmの5個のカメラで撮った写真に加え,70mm相当のカメラが画面を4つに分割したそれぞれの領域を撮影します(残った1つは中央を撮影します).これらの画像を合成することで高解像度画像を生み出すわけです.1300万画素の写真を4つ使うと5200万画素になるわけですが,実際にはただ繋ぐのではなく,28mmの広角カメラの画像を基本とし,70mmのカメラから得た細部の情報をそれに加えるような処理をしているようで,継ぎ目が目につくことはありません.

comp2.jpg

さらに画像を見ていくと気づく点として,L16の写真がもっとも被写界深度が深いこと,シャッター速度が速いことがわかります.Light L16 のレンズには絞りがなく,F2固定(150mmのみF2.4固定)となっています.ただし撮像素子がスマートフォン用の小さなもので,フルサイズセンサに比べ 13%(面積では2%)しかありません.ですので,被写界深度としてはフルサイズセンサのカメラに換算してF15相当となっており,画像データ(EXIF)にもそのように記録されています.このことにより,撮影例ではα7 (F8), D800E(F6.3) よりも被写界深度が深いのです.しかし実際にはF2のレンズなので,同じシーンを同じ感度(今回の写真は全てISO100)で撮影するとシャッター速度が相対的に速くなります.被写界深度とシャッター速度の両立を図りやすいカメラだといえます.

画像のノイズも,この写真ではあまりフルサイズセンサと遜色ありません.感度を上げていないこともありますが,複数の画像を重ね合わせることによってノイズが均され,ノイズ低減される効果があるようです.

最後に,D800E, α7 で撮影した画像を掲載しておきます.



タグ:Light L16
posted by しんさく at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年01月04日

Light L16 が来た

2018.7.26追記 Light L16 が国内販売開始との報道がありますが,ヴェルテは過去,日本未導入ガジェットの輸入販売で多数のトラブルを起こしています.「松川 ゲッコー」等で検索され,適切に判断されるよう強くおすすめします.

参考
http://eps-r.hatenablog.com/entry/2017/11/16/welte
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/shop/1507605776


数年前に発表されて以来,楽しみにしていた Light L16 という16眼カメラがやってきました.

P1001370.JPG

この奇抜な見た目をしたカメラ.28mm, 70mm, 150mm 相当のカメラモジュールが計16個搭載されており,それらが同時に撮影した画像から超高解像度画像を作り出したり,背景を自在にぼかしたり(撮影後にぼけの強さを調整したり)することが出来るカメラです.

このような,コンピュータによる計算によって写真撮影を高度化する技術は「コンピュテーショナルフォトグラフィ」と呼ばれ,私自身の研究分野(仕事)でもあります.この分野の製品は,産業用カメラ(工場の自動化や検査のためのカメラ)にも幾つかの例がありますが,一般消費者向けに発売されたのは以下の3台です.

P1001373.jpg

左の2台は LYTRO 社のカメラで,レンズは1つしかありませんが,撮像素子の手前に工夫を施すことによって,レンズが像を形成する前の光線の状態を記録し,計算機処理によってピントの合わせ直しを行うことが出来るカメラです.高品質なぼけ生成ができますが,画像の解像度が低いという欠点があり,手前の赤いカメラ(初代)と,左の大きなカメラ(LYTRO Illum)を発売した後,この分野からは手を引いてしまいました.それに対して今回の Light L16 は,それぞれのカメラは従来のものと大きく違いませんが,複数のカメラで同時に撮影すること,カメラの撮影方向が鏡の制御によって少し動くことによって新しい機能を実現しています.

その1つが,LYTROにもあった「ぼけのコントロール」です.普通のカメラは撮影時に絞りの大きさ(F値)を決めて,これにより背景のぼけ度合いを調整しますが,この Light L16 では撮影時には絞り値を調整することは出来ません.かわりに,画像をPCに読み込んでから調整することが出来ます.

L16_00054.jpg

上の写真で,斜めに引いた赤い線より左が絞りを絞った時,右が絞りを開いて背景や前景をぼかしたときに相当します.同様の機能は最近の,レンズを2つ備えたスマートフォンでも出来るようになっていますが,それよりカメラの数が多く,高精度・高画質に実現できる点がポイントです.

他にも,レンズの突出部が全くないフラットなボディであることなど,面白い点,変わった点の多いカメラですので,おいおい紹介していきたいと思います.
タグ:Light L16
posted by しんさく at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ