2015年11月15日

ミラーレスカメラ+広角レンズの画質改善 その2

前にこちらで,レンズの前に度の弱い凸レンズをつけることでミラーレスカメラに古い広角レンズを装着したときの周辺画質を改善できることを紹介しました.この方法では周辺部の画質が甘くなる現象を改善出来ますが,周辺部分の光量が低下したり,不自然に色づいてしまったりすることは防げません.しかしこのような問題は事後処理で解決することが出来ます.

cornerfix.jpg


カメラ内にアプリ等を登録して補正する方法もあるようですが,個人的に良いと思ったのは CornerFix というソフトを使う方法です.このソフトでは RAW で撮影した画像を読み込んで補正することができ,上の写真のように周辺部の色ずれだけを補正するのか,それとも色ずれと光量低下の両方を補正するのかなどを選んだり,補正の強度を調整することも出来ます.

この補正のためにはレンズやカメラごとの設定ファイル(プロファイル)を作成する必要があります.この補正にはプロファイル画像が必要で,これは本来真っ白であるべき被写体を撮影し,その色ずれを取り込むことで補正の基準を決めるためのものです.プロファイル画像は,乳白色板をカメラの直前に置き,その背後に光源を置いて撮影するような方法で撮影することが出来ます.

dng-conv.jpg


CornerFix はRAW画像として,アドビが提唱する DNG という形式のみを受け付けます.そのため,各社のミラーレス一眼カメラが出力するRAW画像を,例えば上の写真のような Adobe DNG Converter で変換する必要があります.つまり,各社の RAW 画像を DNG に変換し,その後その DNG を補正してから現像を行うわけですが,Adobe DNG Converter も CornerFix もフォルダ内のファイルを一括処理出来るので,ファイル数が多くてもどうということはありません(レンズを取り違えないようにする必要はありますが・・).

cornerfix.jpg


上の写真はこの手法で補正した写真と補正前の画像とを比較したものです.現像パラメータは同一です.RAW から補正できるので,画質の低下を最低限に抑えることが出来ます.この写真は NEX-5R に Carl Zeiss Biogon 21mm F4.5 を装着したときの例で,今回はニコンが以前に販売していたクローズアップレンズを装着して撮影しました.

DSC_0886.jpg


このクローズアップレンズ No.0 は度数が 0.7ディオプター,つまり焦点距離が約1400mmのものです.以前の計算では必要とする焦点距離よりも度数が高いレンズなので過剰補正になるかと思っていましたが,入手してみると平凸レンズではなくメニスカス凸レンズ(カメラ側が凹面,物体側が凸面になっていて,全体として凸レンズとなっているもの)だったため,補正の度合いはちょうどぐらいでした.

compare.jpg
上:装着時 下:未装着


上の写真は周辺部分の画像を切り出したところですが,一目瞭然,かなりクリアになっています.特にNEX-5R のようなAPS判の範囲内は端の方まで十分な画質になっており,α7 のようなフルサイズでも甘さは残りますが改善の度合いは大きいです.レンズを中心とする方向に全体が湾曲しているため,平凸レンズよりもメニスカス凸レンズのほうが収差の発生力が小さく,その結果,ちょうど良い塩梅になったようです.なお,このクローズアップレンズには上の写真のような .c 付きのものとそうでないものがあり,.c 付きのものは両面マルチコートになっています.

クローズアップレンズをつけると遠方の被写体にピントが合わなくなるので,レンズとボディを繋ぐために用いるマウントアダプター(ニコンSマウントからライカMマウントへ変換するマウントアダプター)の全長を短縮してあります.

DSC_0873.jpg


このマウントアダプターはニコン・コンタックスレンズの外爪だけに対応しているシンプルなものですが,前半部と後半部がネジで止められているため,その間の部分を削って薄くすることが出来ます.ノギスで各部の厚みを測りながらグラインダーで削り,最後に砥石で仕上げました.0.3mm ほど薄くしましたが,MマウントからソニーEマウントの間の変換にはヘリコイド付きアダプターを使っていますので,短縮したことによって最短撮影距離が長くなることは全く問題になりません.

他にも市販品として,ケンコークローズアップレンズ No.05 が売られています.これもメニスかつ凸レンズで, 0.5ディオプター(焦点距離 2000mm)ですので,補正の効果があります(ブロニカ 200mmF4 専用のクローズアップレンズとほぼ同等の効果があります).ただしフィルタ径が 72mm のものしかなく,ステップップリングを経由して取り付けると少し大げさになりますが,しかしこのような度の弱いクローズアップレンズは望遠レンズ用にしか需要がなく(例えば Nikkor ED 180mm F2.8 などには好適),しかたがないところかもしれません.

最後に Carl Zeiss Biogon 21m F4.5 にニコンのクローズアップレンズ No.0 をつけたときの補正の効果を示す比較結果の原画像をアップロードしておきます.いずれも絞り開放で,周辺部の色付きのみ補正してあります.

NEX-5Rでの比較結果(左:補正前,右:補正後)
DSC00539_CF.jpg DSC00538_CF.jpg


α7 での比較結果(左:補正前,右:補正後)
DSC02695_CF.jpg DSC02694_CF.jpg

posted by しんさく at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ