2013年03月30日

野鳥撮影の沼へ

今年に入り故障したデジタル一眼レフの買い替えをしてからというもの,大変なことになっています.ニコンDXフォーマット(APS−C判)からフルサイズフォーマットになり,さらに画素数がやたらと増えた結果,手持ちのレンズでは必ずしも満足とは行かず,安価ながらも画質の良いレンズを探求していたのは前回も書いたとおりです.

そして望遠レンズの主力として導入したのが以下のレンズ.既にカタログからは落ちており,さほど出回っていないレンズなのですが,単焦点レンズに匹敵する画質と高速なオートフォーカス,頑丈な作りで銘玉の呼び声高い Sigma 100-300mm F4 EX DG HSM です.

DSC00233.JPG


このレンズはズーム全域で F4 の明るさを保つので,1.4倍,2倍のテレコンバータも調達しました.画質としては1.4倍のテレコンであれば,ほとんど画質の低下を気にせず使うことができるようです.

さて,このレンズを購入した後,少し何かテスト撮影を・・と,自宅の裏の田んぼを飛び交っている野鳥を試しに撮ってみたのがことの始まりです.普段は,撮影対象になるような野生動物が身近にウロウロしているなどとはあまり考えていなかっただけに,また,鳥に気づかれないよう何とか近づいて・・というチャレンジが意外と面白く,もうちょっとちゃんと撮ってみようということに.そこで,ここのところ出張や用事で週末もあまり時間がないところですが,少しの時間,近所の公園に行き撮影となりました.

まず,先週の土曜日.昼間の用事を済ませてから,夕方の4時頃,少し時間ができたので,桜の開花状況を偵察がてら,公園を半時間ほどうろついてきました.この時は望遠レンズは持っておらず,前回のブログで紹介した 28-200mm の小型高倍率ズームでの撮影です.以下の写真は,それぞれ元画像からトリミングしていますが,全て 2048x2048画素の大きな画像なので,ぜひ拡大してご覧ください.

jobitaki.jpg


帰ってきてから調べたら,ジョウビタキという鳥のようでした.ちょっと前に枝がかぶってしまい残念でしたが,鮮明に撮ることができました.

さて,今週.今日(土曜日)も朝から用事が入っていましたが,珍しく早起き?して,8時ごろから半時間ほどだけ撮影に.今度は上記の望遠レンズとテレコンバーターを持ち,「桜の園」という桜の木がたくさん植えられている別の公園に行きました.咲き始めで,見頃は来週ぐらいかな?という感じでしたが,いくらか野鳥を見つけることができました.

sijyuukara2.jpg


sijyuukara1.jpg


sijyuukara3.jpg


上の3点の写真はシジュウカラだそうです.とてもすばしっこくチョコチョコ飛び回り,またとても小さな鳥です.肉眼では白と黒だけの鳥に見えますが,撮影してみると意外とカラフルです.

次の鳥は,コゲラというキツツキの仲間.

kogera1.jpg


kogera2.jpg


こちらは木の幹などをせわしなく移動しながら,時々,くちばしで木をコツコツ叩きます.それに夢中なようで意外と警戒心が弱く,近くに寄ることができました.この鳥も木の幹に止まる鳥だけあって,背景と見分けにくい色をしていますが,撮影してみるとくっきりした模様でなかなか洒落ています.

最後に,公園の草はらを歩いていたホオジロ.

hoojiro.jpg


撮ったときはスズメかと思っていたのですが,柄を元に調べたら違いました.今はインターネットで簡単に鳥の種類がわかるので,帰ってからそれを調べるのもちょっとした楽しみになりました.

来週はいよいよ桜が本番になりそうなので,メジロあたりを撮りたいところですが,なにぶん人がどっと繰りだすので,警戒心の強い鳥はなかなか難しいかもしれません.それよりは裏庭の植木にミカンでも挿して餌付けしたほうが簡単かも?などと考えているところです.でも機材はこれで打ち止め!(の予定ですが・・)

posted by しんさく at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真