2011年08月28日

8月6日

今年は,あらためてじっくりとこの日を感じ,記録しよう・・そう思い,いくつかのカメラをもって出かけました.そのときの写真を,モノクロ写真ギャラリ "photogradation"に掲載しました.

86-02s.jpg


86-17s.jpg


今回の掲載は10点です.

モノクロ写真ギャラリ photogradation
posted by しんさく at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトギャラリ

2011年08月21日

ポツダムのサンスーシ宮殿

昨年11月の出張で訪れた,ポツダムのサンスーシ宮殿界隈の写真を,モノクロ写真ギャラリ "photogradation"に掲載しました.

pots08s.jpg


普通,海外出張というと自分の研究成果の発表のため,画像処理やバーチャルリアリティなど狭い範囲の研究者が集まる学会に出席するのですが,今回は少し違いました.今回は,化学,環境科学,物理学,社会学など,とても広い分野の科学者が日本とドイツから集まって英語で議論を行うというイベントで,最初は「本当に身のある議論になるのか」とも思ったのですが,講演後の数十分の長い討論時間もまったく途切れることなく議論が交わされる,とてもユニークなものでした.なんでも,このイベントは日本とドイツの2国間学術交流強化の一環として行われるもので,2003年の日独首脳会談での合意に基づくものだということです.

pots03s.jpg


そのような訳で,会議中は朝昼晩の食事を含め全てが提供され,自分のお金を使う機会が全くないようなものでしたが,逆に言えばまったく自由のない缶詰状態です.しかし幸いにして,会議の行われるホテルは「サンスーシ宮殿」とその周りの庭園に隣接しており,早朝とお昼休みにざっと観て回ることが出来ました.

しかし,この庭園がとても広い!もう一方の端まで直線距離でも2kmほどある広さで,ぐるっと廻るだけで1時間ではきかない広さです.また,建物や,それが立てられた人工の丘などがとても大きく,「あ,見えた,もうすぐだな」と思ってからが遠い.歩いても歩いても建物の「見かけの大きさ」が大きくならず,やっとたどり着いてみるとその建物は,見た目は3階建てでも,1階分の高さが普通の建物の何杯もあるような建築で,スケール感が狂わされるものでした.上の写真も,丘の上の宮殿まで行くだけで一仕事です.この日は「麗しき理論物理学者」,「光学迷彩を開発してしまったマッドサイエンティスト」と私の三人で回ったのですが,しばしこの物理的違和感についてどのような現象が生じているのか,冗談まじりの議論をしてしまったぐらいです..

pots05s.jpg


訪れた時期が,ドイツでは冬の風情漂う11月中旬であったこともあり,花や緑がきれいな季節ではなかったのですが,ちょっと寂れた雰囲気がまたよかったように思います.公園の脇になかなかいい感じの風車があったのですが,Wikipediaによるといわくつきの風車だそうで,借景として良い感じを出していました.

今回の掲載は7点です.

モノクロ写真ギャラリ photogradation
posted by しんさく at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトギャラリ

2011年08月06日

原爆の日

8月6日,今日は原爆の日です.
原爆ドームまで歩ける距離に住んでいることもあり,今日はじっくりと平和記念公園の界隈を尋ねてみました.

IMG_1351.jpg


自宅の周辺には洒落た美容院がたくさんあり,ちょっとした激戦区?になっています.ある店は,いつも表にメッセージボードをだしていますが,今日のボードはこのようなものでした.広島ではあちこちで平和に関するメッセージなどを見かけます.

IMG_1355.JPG


66年目の原爆ドーム.昼過ぎでしたが,多くの人が見学をしておられ,特に海外の方々と,それに説明などをされるボランティアの方々が多く見られました.

IMG_1362.JPG


午前に平和記念式典が開催された場所は,もう片付けが進んでいましたが,やはり多くの方々が祈りを捧げるために並んでおられ,長い列を作っていました.このあと僕もこの列に加わってきました.

そして日が暮れると,灯篭流しが始まります.

P1000400.JPG


この灯篭流しは必ずしも遺族や縁故者だけでなく,誰でも行うことが出来ます.多くの方々が平和のメッセージを込めた灯篭を流しておられ,終了予定時間の9時ごろになっても途切れることはありませんでした.

P1000415.JPG


平和を祈るこの行事はこれからもずっと続けられることでしょう.
posted by しんさく at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記