2010年12月20日

How are you, PHOTOGRAPHY? 展 搬入

京都で開催されている How are you, PHOTOGRAPHY? 展への出展のため,京都へ出向いて搬入をしてきました.21日(火)〜26日(日)の6日間,同時代ギャラリー 京都 で展示されています.

how10.jpg


展示の様子は上の写真のような具合です.まだ会期はこれからですので,写真にはぼかしを入れていますがご容赦下さい.このような写真展での展示はこれで6回目,京都のこの写真展では昨年に引き続き2回目ですが,今回はニコマートMLの知り合いで,私をこのような一坪写真展に誘ってくださった方と同じ会場での展示となりました.今回はさらに弟も同じギャラリーということで,壁面も3人で隣同士にしました.上の写真に写っているのがちょうどその3人の写真ですので,ちょっと,こっそりグループ展?という感じになっています.私の写真は右手前の4点です.

さて,最近の私の写真ですが,写真展に出しているものは仕上げがちょっと絵画調で,写実的でリアルな写真というものとはちょっと違っています.前の写真展でも,「・・これ,ほんとに写真ですか?」と聞いた方が多かったとか.・・ということで,ちょっと舞台裏?をご覧に入れましょう.

dr1.jpg


上の写真は私のオタクルームのうち,暗室のあるエリアです.ポータブル暗室という,一畳分ぐらいの小さな暗室が左手にあります.その中に置いてあるグレーの機械は引き伸ばし機という,ネガの像を印画紙に大きく投影する機械です.なぜか引き伸ばし機が3つに増えてしまっており,右手前のまるっこいのも引き伸ばし機です.実はこの右手の引き伸ばし機は,知る人ぞ知る?ニコン純正の引き伸ばし機(RA350)で,ちょっとしたレアモノです.国産では珍しく,純機械式のオートフォーカス機構がついています.また写真の形を歪ませたり部分的にピントを外したりする機構も付いていて,かなり凝った機械ですが,白黒専用で,また大きなフィルムもかかりません.

暗室の中に置いてあるのはニコン製のものよりも大型のフィルムがかかる引き伸ばし機(QE69)で,これはカラー引き伸ばし機です.ただし僕はカラーの引き伸ばしはしません.ですがカラー引き伸ばし機は写真のコントラストを細かく調整するのに便利なのと,このQE69はいろんな変わった形のフィルムを引き伸ばしするのに便利なメカがついているので最近はメインとして使っています.

dr2.jpg


狭いところで引き伸ばし作業をするときに苦労するのが,現像液などの液体を扱うところです.普通,印画紙へのプリントをするときには,現像液・停止液・定着液と水洗,4種類の液体を使うのですが,そのためにぞれぞれバットを並べていると場所が足りません.特に大きい印画紙を扱うほど,場所を食います.そこで私の場合はホームセンターで押し入れ用の衣類棚を買ってきて,これに薬品を入れて引き出しながら現像しています.写真では,一番上の青いケースが現像液,その下の衣装ケースは上から順に停止・定着と水洗槽にしています.これで,狭いながらもなんとか身をよじれば,半切の印画紙(35x43cmぐらい)までが処理できるようになっています.印画紙は,印画紙袋から取り出して引き伸ばし機に置き,ネガの光を当てた後も,現像・停止・定着までが終わらないと余計な光を当ててはならないので(印画紙は赤い光には反応しないように作られているので,暗室専用の暗くて赤い灯りは大丈夫です),それまでは,暗室内は薬品の匂い(現像液は匂いませんが,停止液は酢酸でかなり臭いし,定着液も独特の匂いがします)で臭いのですが,閉めきって我慢です.

私が展示する同時代ギャラリーの展示作品には前衛的なものがけっこうあり,独特の雰囲気を醸し出しています.最近はデジタルカメラでの作品も結構増えていますし,パソコンでの画像処理もよく使われています.一方で,いかにも伝統の技法を使った銀塩作品に見えるのに,実はデジタル,というものもあったりします.もちろん写真は自由なものに違いないのですが,こだわりゆえか,意外と堅いことを言う人も時々おられます.その点,この写真展では,自由な表現が一切遠慮することなくあふれているのが魅力です.僕の写真の右に展示されている大型の作品も,えっ?と驚く,ちょっと危険な香りのする面白い作品ですよ.

--------

展示が終了しました.出展した写真をこちらに掲載しています.
posted by しんさく at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真